Menu

カリキュラムで学校を選ぶ

女性

卒業生の進路をチェック

スタイリストになるには専門学校へ通って勉強することが第1です。ファッション関係の専門学校はたくさんありますが、スタイリストのための専門コースがある学校を選ぶようにします。学校によってはファッションを教える1つのジャンルとして扱っている学校がありますが、スタイリスト専門の独立したコースとして設置している専門学校の方が多くを学べます。スタイリストの仕事はファンションだけでなく、インテリアや雑貨やフードなどのライフスタイル全般に渡るため好奇心が旺盛である必要があります。専門学校を選ぶ時もファッションだけではなく、企画の立て方や企画を実現するためのディレクション、現場での撮影などもカリキュラムされているかどうかをチェックします。また学校の卒業生の進路についても調べておく必要があります。スタイリストになりたいのなら、卒業生の中にスタイリストになった人が多い学校を選んだ方が有利です。このような学校はスタイリスト業界と関係が深く、カリキュラムも充実しているからです。専門学校のすぐれている点は専門知識や技術を教えてくれるだけでなく、現場のプロの講義が聞けることです。実際にプロのスタイリストとして活躍している講師の話は説得力があり、スタイリストを目指す人にはとても役立ちます。そのようなプロの講師の特別講義があるかどうかも、専門学校を選ぶ時の判断基準になります。専門学校を選ぶ時はオープンキャンパスを利用して、自分の目で見てみることが大事です。