マリッジエキスプレス【婚約指輪のメインストーンは固い絆】

指輪

金属アレルギーに注意

リング

最近では婚約指輪と結婚指輪を同ブランドにし、結婚後でも重ね付けとして普段でも婚約指輪を使用する方も増えてきています。そこで問題なのが金属アレルギーです。一生の記念として身につける指輪が突然金属アレルギーになり身につけることが出来なくなる場合もあります。なぜ金属アレルギーになってしまうかはまだ原因が分かっていません。一度金属アレルギーになってしまうと治すことが難しいと言われ金属を身につけないように言われます。金属アレルギーになる原因は金属などが汗に溶けてイオン化し、それが皮膚から体内に吸収されることによって起こると言われています。一部の金属だけにしかアレルギーが起こらないと分かっている場合はその金属以外のもので婚約指輪を作成すればいいのですが、分からない場合は、ショップなどで相談した方が良いと思います。また作成した後だった場合は汗をかきにくい状態を常に意識し、汗をかいてしまう恐れがある場合は前もって指輪を外しておけばまだ大丈夫です。一番避けておきたいことは長時間の使用です。

長時間身につけてしまうと汗が金属に染み込み、やはりイオン化され吸収してしまいます。汗をかいた時はすぐに外し汗を拭き取るとか、入浴や水仕事、睡眠時などは極力外しておいた方がいいですね。また、今まで金属アレルギーの反応が出なかった人でも婚約指輪をつけたことがきっかけでアレルギー反応が出る場合があります。最近ではジュエリーショップなどでもアレルギーに対応した婚約指輪を扱っていますので、気になる人は店員さんに相談をしてみると良いです。一番イオン化しやすい金属はニッケルと言われています。また金やプラチナは、これらの金属と比べるとアレルギーが出る可能性が少ないと言われているので、そういう金属を使用した指輪を選んでもいいと思いますが、パッチテストなどを行って金属アレルギーを起こす原因物質を調べてくれる病院も増えてきているので前もって医師に相談してみても良いのではないでしょうか。