コスメ

2年間でメイクを学ぶには

一般的にメイク専門学校の学費は高額な傾向があり、2年間で200万円から300万円ほど必要になります。メイク専門学校では主にメイク技術を学びますが、その内容は理論と実習によって技術を身につけるカリキュラムです。

Menu

ネイル

たくさんある

東京にはネイルスクールがたくさんあり、基礎からネイルのことを学べるので評判になっています。趣味を極めるために通う人も居れば、ネイリストになるために通う人も居るため、関心のある人は通ってみましょう。ネイルサロンを開けるようになるかもしれません。

ハサミ

美容師資格は基本

ヘアメイクの専門学校ではたいてい美容師資格をとらせることが多いです。仕事によっては必須ではないのですが、メリットが大きいためです。ネイルやまつげエクステ、エステなどを同時に学べることも多いです。夜間学部などがあるところもあります。

女性たち

プロの技術を習得

現場での経験豊富な講師陣による丁寧な指導で、ヘアメイクの知識とテクニックを習得できるのが、美容系の専門学校です。プロのヘアメイクアップアーティストを養成しているクラスに加えて、一般の主婦やOLを対象としたクラスにも人気があります。

女性

カリキュラムで学校を選ぶ

スタイリストになるには専門学校で学ぶのが一番です。ファッションの学校はたくさんありますが、スタイリスト専門のコースがある学校を選びます。ファッションだけではなくインテリアや雑貨やフードなどライフスタイル全般に好奇心を持つことが大切です。卒業生の進路を確かめることも学校選びには必要です。

服飾関係の仕事

マネキン

仕事に就くには

スタイリストになるには特に資格は必要ありません。ですがいきなりスタイリストになりたいと思ってなれる職業ではありません。経験を積み、実力を認められ仕事が与えられるようになったらプロのスタイリストといえますが、未経験で知識が乏しい状態で求人に応募しても受かる確率は低いです。まずは専門学校を卒業してから就職先を探すのが一番近道です。採用資格に服飾専門学校を卒業していることの条件が記載されていることが多いので、まずは専門学校を探しましょう。専門学校は二年制のところ、三年制のところがあります。二年制のほうが授業内容についていくのが大変な面もあるため、時間や費用に余裕があれば三年制をおすすめします。専門学校ではスタイリストの基礎知識だけでなく、実際にショーにでたり、研修を受けることも出来ます。他にもヘアメイク、マーケティング、色彩関係の勉強もします。できれば現場研修を取り入れている専門学校がおすすめです。スキルが付く上に人脈がつき、それを通じて就職先が見つかることもあります。まずは多数の専門学校の資料を請求したり見学に行き、カリキュラムやイベントの情報をチェックしましょう。どの学校が自分のなりたいスタイリストの道に近づけるか調べてから入学するようにしましょう。関東地方にはスタイリストの専門学校は多く、求人もほかの地域に比べて多いため人気です。将来どこの場所で働きたいか考えて選ぶこともポイントです。